スマートフォン表示にするパソコン表示にする

私病の貧血で転倒した場合、業務災害になりますか? - 業務災害(労災(労働災害))についてのご相談と回答

大分の弁護士法律事務所 深田法律事務所

サイトマップ
文字サイズ
電話番号 097-533-5517メールでのご相談
交通アクセス

私病の貧血で転倒した場合、業務災害になりますか?

d02-女目閉困り

私は、先日、作業現場で仕事をしていたときに、貧血で転倒して資材に頭をぶつけて怪我をしてしまいました。もともと、私は貧血症で、時々めまいなどがありました。会社からは、貧血という私病が原因で怪我をしているのだから業務災害ではなく、労災の対象とはならないと言われているのですが、本当にそうなのでしょうか?

私病の貧血が原因で怪我をしたとしても、怪我をした状況によっては業務災害として労災の対象となる場合があります。

a01-深田先生_手下
d01-女?困り

どういうことですか?

はい。業務災害は、仕事に関係しているときに(業務遂行性)、仕事が原因(業務起因性)で怪我や病気になった場合に認められます。あなたはお仕事中、つまり仕事に関係しているときに怪我をしていますので、業務遂行性が認められます。しかし、貧血という私病が原因で怪我をしているわけですから、仕事が原因で怪我をしたのではないのではないか、つまり業務起因性がないのではないかが問題となります。

a03-深田先生_さし棒
d02-女目閉困り

では、やっぱり業務災害とは認められないのではないですか?

そうとは限りません。あなたの場合、倒れて資材に頭をぶつけています。たとえば作業場に資材が散乱していたような場合は、そのことが原因で怪我をしたともいえますので、仕事が原因で怪我をしたといえ、業務起因性が認められて、業務災害と扱われる可能性があります。つまり、怪我をしたときに事業所の施設が介在している場合には、業務災害と認められる可能性があります。

a03-深田先生_さし棒
d03-女!

なるほど。怪我をしたときの作業場の状況によるということですね。

はい。他のケースの話になりますが、過去にも、看護師が検査台の横で患者の検査に付き添っていたとき、貧血を起こして転倒し、約80cm後方の鉄製の手術台で後頭部を打って怪我をしたケースでも、「負傷事故に事業所の施設が介在している」として業務災害と認められています。また、他に、摂氏0度前後の場所での作業中、貧血を起こしてストーブに倒れて火傷を負い翌日に死亡したケースでは、寒冷な環境における作業に関連して災害が発生したとして、業務災害と認定されています。

a01-深田先生_手下

深田 茂人 弁護士が回答いたしました

深田 茂人写真

深田法律事務所
弁護士 深田 茂人

私病が関わる業務災害の事例についてお分かりいただけましたでしょうか。

当事務所へご相談にお越しいただけましたら、過去の事例などを踏まえ、ご相談の事案に応じ、さらに詳しくご説明いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

プロフィールはこちら 相談の予約を入れる

業務災害 に関するその他のご相談

労災(労働災害)に関するその他のご相談項目

労災(労働災害)に関するよくいただくご相談内容の各カテゴリーTOPへ移動します。

業務概要 料金案内

ご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ

お一人で悩まずに、ぜひ早めに専門家にご相談ください。 お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

お電話からのご相談 097-533-5517 受付時間 平日日曜日 9時~19時 夜間も事前にご連絡を頂ければ快くお受け致します。

電話番号 097-533-5517

ホームページからのご相談 受付時間 24時間受付中 できる限り早い返信を心がけておりますが、お急ぎの場合はお電話の方が確実です。

メールでのご相談はこちら

大分県のみなさまのお困りごと、お悩みについてご相談を広く承っております。

地図

大分市、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、東国東郡 姫島村、速見郡 日出町、玖珠郡 九重町、玖珠町

労働事件、労災(労働災害)、交通事故、借金問題など、どうぞお気軽にご相談ください。

平日がお忙しい方へ 日曜日相談 夜間相談 9時~19時 詳しくはこちらへ
初めての方へ 弁護士に頼むメリット よくある質問 料金明細
事務所のご案内 事務所紹介 弁護士紹介 交通アクセス 3つの約束 オフシャルブログ
交通事故 後遺障害 示談金 借金 過払い金の相談

事務所のご案内

深田法律事務所
〒870-0045 
大分市城崎町2-2-19
城崎法務ビル202
アクセスはこちらの
交通アクセスを参照ください。
TEL:097-533-5517
FAX:097-533-5523

事務所案内はこちら アクセス方法はこちら 事務所内風景 深田弁護士写真

事務所代表,弁護士
深田 茂人
プロフィール
オフィシャル
ブログ

スマートフォンサイトQRコード

ページトップへ戻る